DMJえがお生活公式通販サイト 美容・健康・ダイエットをサポートする健康食品・サプリメントなどをお届け

TEL:0120-3889-86

お買い物かご

暑さを乗り切る夏の食事のポイントとは?

明日のすまいる健康情報

暑さが体にこたえる夏。どうしても食欲が低下しがちだからこそ気を付けておきたい食事のポイントをご紹介します。

夏の食事に大切なのは〝量〟より〝質〟

暑い夏の食事は、ついつい、喉を通りやすい麺類だけで済ませてしまったり、冷たいものばかりになったりしがちです。しかしそんな食事を続けていると、必要な栄養素がきちんととれず、体力の低下をまねきかねません。冷たい食事は胃腸への負担を大きくし、余計に食欲がなくなってしまう可能性もあります。

とはいえ、モリモリとたくさんは食べられないし、あまり無理して食べるのもよくありません。暑さに負けず元気に夏を過ごすためには、〝量〟よりも〝質〟を意識することが大切。ちょっと工夫して、夏の食事の〝質〟を上げましょう。

 

食欲が低下しがちな夏の食事にはビタミンBとたんぱく質を多めに!

【麺類には効率よく栄養素をとれる具材をプラス!】

  • ●ビタミンB群をとる
  • 炭水化物に多く含まれる糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を積極的にとりましょう。豚肉、ウナギ、レバー、豆類、納豆、玄米などに多く含まれています。

 

 

  • ●タンパク質をとる
  • 肉、魚、豆類、卵、乳製品などのタンパク質を意識して。そうめんには、ゆで鶏やツナ缶、ゆで卵などの具材をプラスするのがおすすめ。

 

 

【色鮮やかな夏野菜で食欲を刺激】

旬のこの時期に栄養価もおいしさもピークになる夏野菜には、体にこもった熱をとる作用があります。ビタミンCなど、抗酸化作用があるビタミン類も豊富です。

 

 

【1食に1品は温かいものを】

冷たいものばかり口にしていると胃腸を弱らせることに。温かい汁物やおかずも1品は加えましょう。

 

 

ムチンが豊富なネバネバ丼はいかが?

納豆や山芋などのネバネバの正体は“ムチン”。ムチンには、胃壁を保護する働きがあります。夏の“ネバネバ野菜”オクラやモロヘイヤにもムチンが含まれているので、ご飯にのせて丼にしたり、麺類のつけ汁に加えたり、上手にとり入れて、疲れた胃をいたわりたいですね。

 

前のページへ戻る

お電話での
ご注文・お問い合わせ

0120-3889-86

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-3889-86※年中無休(朝9時~夜9時)

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

FAXでのご注文・お問い合わせは、こちらよりご確認ください。

公式SNSより商品に関する情報を発信中!